「神戸サウナ&スパ」の魅力をお届けします。


by kobesaunafan

カテゴリ:神戸グルメ( 13 )

神戸の珈琲店

神戸を訪れるとコーヒーショップが多いことに気づきます。それは確かコーヒー豆の輸入をしたのが神戸港が初めで、神戸はコーヒーに非常にゆかりの深い地だからです。上島珈琲(UCC)が神戸本社なのもうなずけますよね。
ちなみに「UCC珈琲博物館」がポートアイランドにあって、ここでは珈琲の歴史や世界の珈琲について学べますよ。

「茜屋珈琲店」「にしむら珈琲店」など地元でも有名な店だけでなく、渋いコーヒーショップも良く見かけます。
まさに「珈琲店」と感じの方が似合うお店で、雰囲気もいいお店ばかり。
神戸サウナ&スパの近くにも数店ありますので、たまにはチェーン店の「コーヒーショップ」ではなく、あえて「珈琲店」でたおやかな時間を過ごしてみてはいかがでしょう。
f0176301_16102265.jpg

[PR]
by kobesaunafan | 2009-02-27 16:04 | 神戸グルメ

神戸牛を食べるなら

「出張で神戸に来たのだから神戸ビーフが食べたい」、これってよくある話。でも、神戸ビーフのお店って沢山あって選べられない、そんな出張族の方へ神戸牛を安心して食べられるお店をご紹介します。
JA兵庫の直営レストラン「神戸プレジール」。こちらではいわずと知れた高級和牛の神戸ビーフを手ごろな価格で食べられます。しかもJA直営だから勿論本物の神戸ビーフ(笑)
場所は神戸サウナ&スパの目の前にあるビルの1階です。
f0176301_1236339.jpg
料理はコースが基本。鉄板焼き、しゃぶしゃぶ、そして蒸篭蒸しのコース。
今回、蒸篭蒸しを食べましたが「美味しい!」
このコースは兵庫の野菜もたっぷり温野菜で食べられる、2段重ねの蒸篭蒸し料理です。
f0176301_1237536.jpg
肉を淡路の玉ねぎと一緒に蒸して、肉汁が浸みた玉ねぎを肉で巻いて食べます。いや~さすが淡路の玉ねぎ。その甘みが肉の旨みと共に口の中に広がって、感動ものの美味しさでした。
ランチは神戸牛が食べられて3150円~、ディナーは6300円~です。

注)こちらで腹いっぱい食べた後は、神戸サウナ&スパのフィットネスとサウナで汗を流しましょう。なんせ対面にあるのですから便利です。
[PR]
by kobesaunafan | 2009-02-02 12:37 | 神戸グルメ

「パン・ド・ボウ」

f0176301_13535559.jpg
三宮から30分ほど足を伸ばして…仕事で有馬温泉へ行きました。おみやげに是非買ってきて!と頼まれたのが「パン・ド・ボウ」のパン。棚には次々と焼きたてのパンが運ばれてきて、店内はいい匂いで包まれています。お昼過ぎに行ったので、すでに売り切れているパンも!観光客にも地元の人たちにも人気なので、早めに行ったほうがいいようですね。頼まれた丹波の黒豆を使っているいくつかのパンを購入。

僕が一番気に入ったのは、山椒の佃煮が入った「有馬山椒パン」です。佃煮といえば普通ご飯のお供ですが、フランスパンの中に入っています。ピリリと辛い山椒があとを引く!カレーパンなどお惣菜パンのような感覚でしょうか。この組み合わせは新発見でした。
f0176301_13543271.jpg

2階には「パン・ド・ボウ」のパンも食べることができるカフェ「カフェ・ド・ボウ」もあります。残念ながら時間がなくて立ち寄れませんでしたが、この店舗の建物自体がコロニアル様式の洋館なので、建築にも興味がわきました。
f0176301_13592691.jpg

[PR]
by kobesaunafan | 2008-12-12 14:00 | 神戸グルメ

茜屋珈琲店

阪急三宮駅の出口からすぐ、ガヤガヤしたサンキタ通りの中に「茜屋珈琲店」と書かれた重厚感のある木の看板を見つけ、なんとなく階段を上ってみました。
カウンターのみの店内にはクラシックが流れ、レトロな雰囲気と珈琲の香ばしい香りに包まれます。常連さんらしきお客さんがひとりで来て、静かに珈琲を味わっている姿がとても似合う、表の雑踏が嘘のような上質な空間です。ようやく軽井沢にある「茜屋珈琲店」の本店であることを知りました。こちらの方が断然落ち着きます。
f0176301_13513724.jpg

棚とカウンターの上にズラリと並んだカップは、お客さんの雰囲気に合わせたものをチョイスするのだとか。そして珈琲のお供にはぜひとも「高いが旨いお菓子」を。自家製のチョコレートケーキは、珈琲と相性抜群です。
f0176301_13512471.jpg

[PR]
by kobesaunafan | 2008-11-25 13:51 | 神戸グルメ

長田本庄軒

f0176301_1943285.jpg

三宮センタープラザの地下で長田グルメを。特に昼時は通るたびに行列ができていて気になっていた「長田本庄軒」です。 “ぼっかけ玉子モダン”を食べました。目の前の鉄板でおばちゃんたちが焼き上げるライブ感がいいですね。牛スジとコンニャクを甘辛く煮たぼっかけは大きな鍋にたっぷり入っていました。
f0176301_1943927.jpg

太めの麺はモチモチしていて、コクのあるソースがよく絡んでいます。辛さは普通にしたのですが、もっと辛くてもよかったかもしれません。トッピングもいろいろあるので試したくなります。リーブナブルなので、ビールとともにファーストフード感覚で食べられるのが嬉しいです。
f0176301_19544079.jpg

[PR]
by kobesaunafan | 2008-11-10 10:49 | 神戸グルメ

曹家包子館

久しぶりに南京町に足を伸ばしたので「老祥記」の豚まんを…と思ったら、月曜日が定休日でした。そこで向かいにある姉妹店の「曹家包子館(ソウケパオツーカン)」へ。「老祥記」と同じく1個90円の、できたて&あつあつ豚まんを食べることができます。

※以前は80円でしたが、9月から10円値上がった模様です。
f0176301_1735816.jpg

麹で発酵させている皮はもちもち食感。中につまった餡は実にジューシーで、ここの豚まんの特徴である椎茸の風味と肉汁の豊かさがたまりません。ただし、ちょっと塩気がきつすぎるように思えます。僕はやはり本家「老祥記」の豚まんが好きですね。
f0176301_174176.jpg

[PR]
by kobesaunafan | 2008-10-28 17:16 | 神戸グルメ

ANTENOR

f0176301_10482143.jpg
無性に甘いものが食べたくなることがあります。この日は女性スタッフが同行していたのを口実に(笑)神戸サウナ&スパの並び、数軒隣にある「アンテノール」へ行きました。ここが神戸本店なんですね。ショーケースにはおいしそうなデザートがズラリ並んでいます。

食後だったので小さなケーキにしようと思いつつ、僕が頼んだのは「プリンパフェ」。たっぷりのクリームは甘さ控えめ。その下にはプリンが1個入っています。なめらかな口当たりがおいしい。フルーツとの相性もばっちりでした。これだけボリュームがあるのに最後までおいしく食べることができます!
f0176301_10485210.jpg

黄緑をアクセントにした店内もスタイリッシュで居心地がいいです。スイーツのお店にしては珍しく23時まで営業しているので、カプセルホテルを抜け出してまた行ってしまいそう。
[PR]
by kobesaunafan | 2008-10-20 10:50 | 神戸グルメ

やきとん 龍

「神戸サウナ&スパに泊まるなら」と、知人が飲みに誘ってくれたのは「やきとん 龍」というお店。場所は神戸サウナ&スパの裏にある足湯の先です。豚のホルモン串“やきとん”の本場は埼玉の東松山。気になりつつも食べたことがなかったのですが、「やきとん 龍」では関西で唯一、東松山からホルモンを仕入れているとのことで、本場で食べるものと変わらないと思われます。
f0176301_19222110.jpg
やきとんは1串100円~とリーブナブル。おまかせにして、お腹いっぱいのところでストップにしました。カシラ、シロ、ガツ、ピートロ、ハラミ、レバー、つくね、…全部とはいかないまでも、おいしくて何本でもいけそうです。味がタレでも塩でも特製の辛子味噌をたっぷりつけて頂きます。この味噌がまた絶品で、アツアツのご飯につけてもおいしそう。
f0176301_19223184.jpg
おすすめであるもつ煮込みが品切れだったのが悔やまれますが、お酒も充実していてご飯ものもひとひねりがあるので、〆の一品まで大満足でした。
たらふく食べて飲んで…あとはひと風呂浴びてぐっすり眠れます。

ホテルのすぐ近くなのでgood!但し、酔っ払っての入浴は危険ですのでほどほどで。
f0176301_19223942.jpg

[PR]
by kobesaunafan | 2008-10-09 11:20 | 神戸グルメ

信そば 長野屋

地元の人の方がおいしいものを知っているに決まっているので、仕事先の方に三宮のおすすめグルメを紹介してもらうこともしばしば。

その中でもかなりインパクトが強かったのが「長野屋」。まずその立地は阪急三宮駅の高架下。僕が思い浮かべる「高架下」というと、サラリーマンの街・新橋のようにビールの箱に座って酒を飲むような半オープンな店ですが、ここでいう高架下は「え?ここから??」と思うような寂れた(失礼…)階段を上がっていった2階なんです。なんとも怪しげな場所で、最初はどこに連れて行く気なのかと不安になりました。かなり細い通路を進んだ先にお店があります。連れて行ってもらわない限り、足を踏み入れそうにない空間ですね。
f0176301_1239338.jpg
この「長野屋」さんはお蕎麦屋さんです。お昼時、店内は混みあっていましたが、ほとんどの人が同じものを食べていました。それが「カレーそば」。うどんじゃなくてそば。
しばらくして運ばれてきたのは、丼の縁いっぱいに入ったカレーのつゆに、ウスターソースがかかったもの。麺はまったく見えません。つゆは餡といったほうがしっくりくるほどとろみが強く、なかなか辛味もきいています。(熱いし鼻水がでます)失敗したのは最初によくかき混ぜないといけなかったらしく、途中で麺が固まって食べにくくなってしまいました…
f0176301_10573981.jpg
東京人には少し味が薄い気もしますが、クセになるというのは納得です。思い出すとまた食べたくなる味。
しかしあの場所に一人でまた行ける自信がありません。(笑)
[PR]
by kobesaunafan | 2008-09-19 12:40 | 神戸グルメ
洋食屋が多い神戸。南京町にある「洋食屋アシェット」でランチを食べました。この店は大正12年創業の老舗洋食店「伊藤グリル」の姉妹店。名店の味をリーブナブルにいただけるんです。
f0176301_1024193.jpg
煮込みハンバーグや肉厚(!)海老フライにひかれつつ、選んだのは「和牛スジ肉のハヤシライス」。“伊藤グリルの美味しいスジ肉を使用”という一言が決め手になりました。
さすがにドミグラスソースがおいしいですね。よく煮込んであるスジ肉が口の中でとろけます。全体的にコクがあるのにあっさりしているというか、いくらでも食べられるような軽さがあって、あっという間に完食。なんだかハンバーグも一緒にいけちゃいそうでした。(笑)
f0176301_10242312.jpg
食の楽しみが多い神戸の街。ついつい食べ過ぎてしまうので、「神戸サウナ&スパ」のフィットネスフロアにいる時間を増やさないと…。
[PR]
by kobesaunafan | 2008-08-26 10:24 | 神戸グルメ